頭がパンクした

岡目鉢木 / Simon.Simonでした。

 

絵本製作

Twitter :https://twitter.com/apollosgreeting

Youtube :https://www.youtube.com/channel/UCCaNoNa_hPeMErWgv06MKiQ/featured

 

頭がパンクした。

 

正確には、何もしたくなくなった。

 

医学的には、抑うつ症状だ。

 

僕は大学院を自主退学してから今日まで、色んな事に手を出してきた。

―映像制作

―小説

―ゲーム

―絵本

 

どうして1つのことに集中しないで複数のことを始めるかというと、

「向いていることと向いていないこと」をはっきりさせようと思ったからだ。

 

例え、楽しくて仕方がない仕事だったとして、環境や時期によって「全く自分には向いていない仕事」だったと判明することがあったりする。

 

そんなとき、全てを辞めて次へ進むのには勇気がいる。

 

悩み苦しむ時期が必ず訪れる。(とくに僕のような性格の場合は…)

 

心理学を勉強している時の僕がそうだった。

 

大学院研究生を経て、自主退学まで2年半。

心理学を学ぶのは楽しかった。

一生の仕事としてこのまま死ぬのは本望だと思っていた。

 

正直、当時の僕には「心理学が向いていない」と認めるのが怖くて仕方なかった。

 

だからそのことを見ようとは全くしなかった。

 

でも、身体は学校へ行くのを嫌がり始めていた。

 

「どうしてこんなことに時間を取られないといけないんだ。家でもっとすることがあるんだ」

 

と考え始めていた。

 

でも、「楽しくないから辞めます」なんて言えば、「一生の仕事」を失うことになります。

 

さすがにそれは怖かった。

今日まで何のために生きてきたのか疑いたくなる。

 

先生に勇気を持って相談した。

 

先生には全部見えていたんだろうと思う。

 

「あなたにとって本当に価値があることをするのが、人生を豊かにする方法なんです。

自身の価値にあったことをすると、自ら時間を使うし、たくさん努力するし、失敗しても何度でも挑戦するんです。

 しかし、あなたの価値にあっていないことをすると、努力はしないし、失敗したらやめてしまうし、時間をとられてイライラするんです」

 

それだけ伝えられた。

僕にはこう聞こえた。

「Simon君のすべきことは心理学じゃないのかもしれない」って。

 

何のために大学院受験をして、ここまで勉強してきたのか、と思いました。

 

本当に涙が出そうになりました。

 

そうして、退学届けを提出しました。

 

当時25歳。

 

大学の友人たちは社会人3年目になりましたが、私は全てを失いました。

 

今では「向いていない仕事」だったのだろうと思う。

 

相も変わらず心理学の本だけは読み続けているが、その仕事をしようとは思わない。

 

あれから今日まで、色んな事をやってきた。

 

きっと大学院を退学しなければ、出会わなかったようなことを。

 

今、何にもやりたくない症状が出ている。

 

いわゆる、「何をやってもうまくいかない症状」(学習性無力感) ではない。

 

身体が「君、向いてないよ!」と言っている気がする。

 

もう一度、考え直す時が来ているかもしれない。

 

余談だが、僕は「大学院を辞めたい」と先生以外に誰にも相談したことはない。

 

先生に相談してから、1日で退学を決意しました。

 

周りは突然のことで、驚いていました。

(僕も驚きました)

 

つまり、仕事が嫌だなと感じているあなたにとっても、明日突然、全てを辞めて全く別の仕事に向けて努力するかもしれない。

 

僕が辞める前に感じたのは、「周りに迷惑をかけるかもしれない」ということだった。

 

しかし、周りの反応は意外なものだった。

 

まるで「鬱病になりましたので、退学することになりました」と言ったかのように、心配してくれた。(あながち間違いではない)

 

そして、同じ程度に応援もしてくれた。

(次やることが決まっていたからだと思う)

 

一方では、大きな決断ができる人として、尊敬もしてくれた。

(私がいつも少数派だからかもw)

 

映像制作の道に進むというのは、決して大きなことではありません。

 

ただ、そっちに楽しいことがあると判断しただけです。

(向う数年は、経済的に苦労することはわかっていましたが)

 

あなたがもし、身体に嫌な震えを感じたのなら、あなたはその仕事が向いていないのかもしれません。

 

あるいは、職場に合っていないのかもしれません。

 

小さな決断でいいです。

 

この道に進むと決断すれば、嫌な人生が少しは変わります。

 

私は2回目がきたようです。

 

応援しています。

僕も何とかします。