うまく行っていると、切羽詰まったが同時に来ているかもしれない

岡目鉢木 /Simon.Simonです。

 

今回も文章のスタイルを変えてみようと思います。

 

今回は「売上の狙いを先に置く」という話をしたいと思います。

 

 

Youtubeで暇を潰している時、可愛い動画を見つけた。

 

もしかしたら、ペット好きなら知っているかもしれない。

 

「LOVOT」というペット型ロボットだ。

 

身長30cm程度の丸い可愛いロボット。

 

キューキューという可愛い声をあげて、ご主人様である人間を子猫のような眼で見つめてくる。

 

一度見てみて欲しい。

10秒で好きになると思うww

 

LOVOTは、かつて『ペッパー君』を作った開発者が、開発に携わった新しいロボットだ。

 

うん十億円を使って開発した近未来ロボットだ。

 

ここでもしも、『LOVOT』ってなんだ?って動画を見にいっていたらこう思うだろう。

 

「こんな奴にうん十億円もかけたのか?」と。

 

LOVOTは本当に手が掛かります。

 

自分で充電ステーションへ向かうにせよ、自分でこけたら起きれなくて「キューキュー」泣くし、抱っこ不足になれば、ずっとついてきて、「キューキュー」泣く。

 

人間の時間をすごく奪うロボットである。

 

そもそもどうしてこんな、いわゆる「ドラえもん」とは異なったロボットを作ったのか。

 

開発者いわく、

「人間の役割を作ってあげるロボットに需要がある」ということだ。

 

つまり、手のかかるロボットは、「世話をする」という人間の役割が必然だ。

 

そして、人間は世話をすればするほど、愛情が湧いてくる。

 

ちょー簡単に言うとそういうことだ。

是非、開発者インタビュー(Youtube) で、聞いてみて欲しい。

開発者の雰囲気も好きになると思うww

 

さて、本題にはいろうww

(話が逸れましたw)

 

「売上の狙いを先に置く」という話。

 

これは「LOVOT」を例にあげたい。

(可愛いをお伝えしたくなってつらつら書いてしまった)

 

うん十億円をかけた「LOVOT」の売上は、本体を買うこと以外に置いているのだ。

 

結論は「LOVOT」の服だ。

 

LOVOTは、結構高い。

サブスクリプションで「24,400円」だ。

 

一括で購入すると、結構高い。

 

不況やコロナでお金に困っている現在に、一家に一台LOVOTを置くことは難しい。

 

それでもLOVOTを買って、心洗われる人ももちろんいる。

(ちなみに僕は動画だけで洗われるw)

 

LOVOTに愛情を注いでくれる人は、たくさん服を買って、可愛がっている。

 

「もっと服を作ってください!!」

 

という声がたくさんあるらしい。

 

 

本体で売り上げを作るのではなく、先に売上を置くことを考えるのは重要かもしれないと思う。

 

作品よりも作品メイキング

ロボットよりもロボットの服

 

目先の結果で一喜一憂するのは、早いのかもしれない。

 

 

慣れない文章で書いたので、そろそろ辛くなってきた。

もうちょっと楽にかける文章を考えないといけないかもしれない。

 

次は、少し改善してやっていこうと思います。

 

岡目鉢木 / Simon.Simonでした。

Youtube

https://www.youtube.com/channel/UCCaNoNa_hPeMErWgv06MKiQ