自分より現場で挑戦している人を見て、自分はまだまだだなぁと思ったSimon.Simom / 岡目鉢木です。

 

さて、今回は新しい挑戦についてお伝えさせていただきます。

 

絵本作ります!!

「アポロの迎え歌」

 

 

3人チームで始めました。

※ゲーム制作の方とは違うチームです。

 

私はSimon.Simonとして、シナリオを担当させていただきます。

 

チームメンバーを紹介します。

 

1人目:フジワラ

絵担当のフジワラです!!

とっても頭がいいです。そして、何より絵がうまい!!

「新人漫画賞」を2度も受賞しています。

彼が協力してくれること本当に嬉しく思っています。

いつも助けてくれます。

 

2人目:MASAYA

広報担当のMASAYAです。

リーダー向きの努力家です。また、感受性が豊かです。

色んな観点から物事を見てくれて、チームを支えてくれています。

いつもありがとう。

 

2人に私のシナリオをみてもらい、3人でシナリオをより良いものにしています。

 

・Story

パルナという国に、小さな絵描きアポロがいました。

アポロは人の絵を描くお仕事をしています。

パルナは楽しい町ですが、パルナの王さまは元気がありません。

パルナの王さまは、パルナのみんなに「仕事を全てやめる」ように伝えました。

アポロやパルナの人は困りました。

アポロの作戦は、パルナと王さまを変えようと戦います。

歌と踊りで……

 

 

・製作

―自費出版で絵本を作ろうと思っています。

―全40ページ前後になると思います。

そこで……

 

・クラウドファウンディング

―クラウドファウンディングサイト「CampFire」にて、プロジェクトを掲載しようと考えています。(2021年春予定)

―目標金額やリターンは、後ほどお知らせします。

―支援していただけると、お礼の何かが必ず届きます。

 

※クラウドファウンディングとは

 「インターネットを介して不特定多数の人々から少額ずつ資金を調達する」ことを指しています。「こんなモノやサービスを作りたい」「世の中の問題をこう解決したい」といったアイデアや想いを持つ人は誰でも“起案者”として発信でき、それに共感し「応援したい」「モノやサービスを試してみたい」と思った人は誰でも“支援者”として支援できる、双方にとっての手軽さがクラウドファンディング最大の特徴といえます。 

引用:CampFireサイトにて

https://camp-fire.jp/

 

・どうして絵本を制作するのか

 最もStoryの評価を得られるのが、絵本だと思ったからです。

もちろん、絵の雰囲気等もありますが、短時間で内容を伝えることができます。

 

そして、絵本を元に色んなものを作ることができると考えたからです。

以下は「アポロの迎え歌」にて制作予定のものです。

―歌

―ダンス

―MV

―VR映像

 

絵本の中に、歌が出てきます。

絵本の中に、ダンスが出てきます。

そして、絵本の世界を仮想現実 (VR) の世界で表現します。

 

・最後に

―この絵本制作「アポロの迎え歌」の企画が面白い!応援したい!と思ってくれた方は、Twitter「アポロの迎え歌」https://twitter.com/apollosgreeting

をフォローお願い致します。

 

また、クラウドファウンディングの支援をお願い致します。

 

YoutubeやSNSにて、メイキングを公開していきますので、是非覗いてみてください。

 

無謀な挑戦かもしれません。

(クラファンで支援数0で企画破綻もあり)

どうか、絵本やチームの為に、応援してくれると泣いて喜びます。

 

最後にゲームの宣伝をさせてください。

Steamにて、公開中のゲーム

―アップデート1.1を更新しました―

 

「SunflowerCode」

https://store.steampowered.com/app/1441340/Sunflower_Code/

 

 

以上Simon.Simon / 岡目鉢木でした。