みんなと作るの楽しいな

岡目鉢木 / Simon.Simonです。

 

現在Steam にて、ゲームを販売しております。

「SunflowerCode」

 

https://store.steampowered.com/app/1441340/Sunflower_Code/

 

「Sunflower Code」

―開発元:EasyMode

―パブリッシャー:EasyMode

―制作者:Taka, Simon.Simon

 

―値段:5.99$ (620円:2020.12.29現在) 

・簡単なゲームの説明

 ファン・ゴッホの絵を50枚以上使用した「Sunflower Code」は、一人称視点謎解きホラーです。館の中に現れる影をライトを使いながら進んでいきます。また、ゲームらしい暗号ではなく、現代の暗号の基礎を参考にした暗号が、主人公の進行を妨げます。ファンゴッホの孤独を体験してみてください。

メアド:maniamovier@gmail.com

 

アップデート報告です。

①実績を実装しました。

※実績:ゲーム内にて、ある条件をクリアすると、Steamからもらえるバッチのようなもの。

 

合計:20個前後あります。

 

 

②敵の増加とトラップの追加

―敵が出現する箇所が増えました。

―トラップが発生する箇所が増えました。

 

③ホラー要素の変更

―Stage上のホラー要素の追加

―マウス感度調整など

 

よろしくお願い致します。

 

今回も何を書くのか迷っています。

 

まず思いつくのは、

 

「新しい挑戦を発表致します」

 

今までは主に「ゲーム」のお知らせをしてきましたが、

 

今回は別のものです。ゲームではありません。

 

チームも新しいですw

 

現在三人でいわゆる「物作り」をしています。

 

今は詳しくお伝えできませんが、もう既に制作途中です。

 

数ヵ月以内にお伝えできると思います (もっと早いかも) …

 

よろしくお願い致します!!!

 

制作楽しいです!!

 

 

 

さて、次に行きます。

 

最近私は視野を広げて勉強させて頂いております。

「小説」「漫画」「脚本」「歌詞」など

 

全て物語のための勉強なのですが、それぞれがどう違うのか知っておく必要があるなと思い勉強しております。

 

小説「ベストセラー小説の書き方」ディーン・R・クーンツ

漫画「読者ハ読ムナ (笑) 」藤田和日郎・飯田一史

脚本「SAVE THE CATの法則」ブレイク・スナイダー

 

漫画、主にJUMPのような少年誌の場合、主人公は子どもです。

いかにキャラクターが応援されるような人物なのか。

主人公が最も苦労し、最も立ち上がる環境とは何なのか

など考え作ります。

 

脚本、主にこの本では、ハリウッドの脚本では、

意外な展開が待っているか

一度「見せかけの敗北」を視聴者に見せてから、どのように「ハッピーエンド」に向かうのか。

主人公がかっこよくなっていくのか

など考えます。

 

歌詞は本をまだ読めていませんが、

最近聞かせていただいた歌で面白いなと感じたのは

ハルシカ「春泥棒」です。

※MVがVRみたいなのが気になってみてみたらとても良い歌でした。

 

解説動画を見て、引用させていただきますが (※Youtubeボイストレーナー「シラスタ:おしら」)

 

桜を命に喩えます。

(※Youtubeの概要欄から)

桜:春

を泥棒されたのです。

 

つまり、命が尽きた。

ということだそうです。

 

そして、この歌では「桜」という歌詞を一度も使っていません。

面白いです。

 

言葉でないもので語ろうとする歌詞、すごいです。

 

村上春樹さんが言った

「小説家は本当に言いたいことを隠すものである」

的なものを感じさせます。

 

さて、ここからが本題ですが、

「小説って何を書くんですか?w」

 

もちろん、僕は小説家になりたいですから、たくさん勉強しましたよ。

 

「言葉ではなく物語で言いたいことを伝える」

「言いたいことなんて小説家は持つな」

「読み終えた後に残るもののことである」

「自己実現の小説は書くな」

「登場人物が勝手に動き出すものだ」

「一般小説における主人公の目的は全て、生きるか死ぬかだ」

などたくさんあります。

 

「純文学とは何か?」

 

わからない、w

もっと勉強してきます……。

 

 

岡目鉢木 / Simon.Simonでした。