現在Steam にて、ゲームを販売しております。

「SunflowerCode」

 

https://store.steampowered.com/app/1441340/Sunflower_Code/

 

「Sunflower Code」

―開発元:EasyMode

―パブリッシャー:EasyMode

―制作者:Taka, Simon.Simon

 

―値段:5.99$ (620円:2020.12.29現在) 

・簡単なゲームの説明

 ファン・ゴッホの絵を50枚以上使用した「Sunflower Code」は、一人称視点謎解きホラーです。館の中に現れる影をライトを使いながら進んでいきます。また、ゲームらしい暗号ではなく、現代の暗号の基礎を参考にした暗号が、主人公の進行を妨げます。ファンゴッホの孤独を体験してみてください。

メアド:maniamovier@gmail.com

 

アップデート報告です。

①実績を実装しました。

※実績:ゲーム内にて、ある条件をクリアすると、Steamからもらえるバッチのようなもの。

 

合計:20個前後あります。

 

 

②敵の増加とトラップの追加

―敵が出現する箇所が増えました。

―トラップが発生する箇所が増えました。

 

③ホラー要素の変更

―Stage上のホラー要素の追加

―マウス感度調整など

 

よろしくお願い致します。

 

 

さて。

今回の内容ですが、

 

「仕事は掛け算でつくる」

という話をしたいと思います。

 

この言葉を、どこかの本で読んだことがある方もいるかもしれません。

今回は、本と同じことを言います。

(僕が好きなので……w)

 

・仕事は掛け算でつくる

どういうことかと言いますと、

 

私の立場で説明させていただきます。

 

私は現在、ゲームを制作しております。

 

しかし、まだまだ素人です。

1万人制作者がいるとしたら、私は下から100人の間に入るかもしれません。

 

このランキングを上げるには、どうすればいいのか……

 

あっそうだ。

ゲームの価値ではなくて、制作者である私の価値をあげることの方が大事だ!!

 

現在の私の価値は、ゲーム制作を触ることができる人どまりです。

 

それでは、新しいことに挑戦しましょう。

 

「小説」なんてどうでしょうか。

 

「小説」に挑戦することで、ゲームシナリオにも影響が出てくるのではないか……

 

よし、私は小説を始めることにします。

 

まだ「ゲーム制作」と「小説執筆」の間に隙間時間ができました。

 

また。新しいことに挑戦しましょう。

 

「映像制作」をやってみよう!

 

「映像制作」をすると、ゲームのムービーやロゴ、トレーラーなんかを外注することなく、自分の好みで制作することができます。

 

また、「小説」を書く際に、豊かな映像を想像することができるかもしれません。

 

まだ時間があります。

 

そうだ!心理学を勉強しよう!!!

 

臨床心理学がいいな、精神科医やカウンセラーなんかを勉強するんだ!

 

心理学を勉強すると、「ゲーム」のキャラクターに人間性が増します。

「小説」で、ファンタジー表現が出来ます

「映像」で、客観性が増します。

 

よし、全ての時間をそれぞれに使うんだ!!

 

としたとします。

(※私の活動は順不同です。心理学がスタートです)

 

 

結論、ゲームの価値は、ゲーム制作の力をつけないと上がりません。

ですが、私の価値は以下のようになります。

 

ゲーム制作者×小説×映像制作×心理学

 

です。

 

私はかねてからこれを実行しようと今日まで走ってきました。

 

やってみた感想は、

 

「一筋縄ではいかない」ということですね。

もっと賢いやり方があります。

 

例えば、一つの軸を作ってから次に行く、ということです。

 

それが一番安全で、賢いやり方でしょう。

 

私はバカですww

がむしゃらに走っているだけです。

 

ですが、良いこともあります。

 

 

・お先真っ暗

 

今、多くの人が定職というものについて、月給を頂いています。

 

そして、2020年「新型コロナウイルス」がやってきました。

 

多くの人が職業を失う、という事態に陥ることになったり、仕事が減ったりしました。

 

そして、自殺者数も同時に増えていきました。

 

もっと深い問題ではあるのですが、

 

私たちは、習慣となっていることから抜け出すと「お先真っ暗」だと感じるのです。

 

「仕事がなくなった明日からどうやって生きていけばいいんだ」

「お金がなくなった、借金をするのは怖いし、もう無理だ」

「貧富の差はどんどん大きくなる。このまま生きていたって……」

 

そう考えるのは自然なことです。

 

なんたって、私が一番感じているのですから……

 

しかし、私が伝えたいのは、「お先真っ暗は今だけ」ということです。

仕事を選べる人間に一緒になろうということです。

 

明日や今週のことを考えるとしんどいでしょう。

 

一年後どんな自分になりたいかイメージするのです。

 

瞑想でも、マインドフルネスでもコーチングでもいいです。

 

どんな自分ができあがるか、想像します。

 

※コロナの中で、過酷な状況なのは事実です。最も大事なことは誰かに助けを求めることです。その中に心理カウンセラーも入ります。

 SOSを出すことが一番大事なことです。いかなる状況でも。

 

 

さて、定職についている人には、次の仕事を3個作ってみるのはどうかと提案したく思います。

 

週5日毎日のように働いても、新しい仕事は3つは作れます。

 

通勤の電車で、新人賞をとった小説家がいます。

働きながら、世界が驚く論文を3つも完成させた人がいます。

サラリーマンをしながら、飲食店を経営している人がいます。

 

周りはしていません。

いそがしいからです。

どうして今いそがしいのか考えてみてください。

 

あなたが子どもの頃にしたかった仕事を今からできると気付くでしょう。

 (説得力がなくて、ごめんなしゃいww)

 

私も頑張ります。

いつか誰かの助けになれることを祈っています。

一緒に頑張りましょう。

 

では。

 

岡目鉢木 / SimonSimon