現在Steam にて、ゲームを販売しております。

「SunflowerCode」

 

https://store.steampowered.com/app/1441340/Sunflower_Code/

 

「Sunflower Code」

―開発元:EasyMode

―パブリッシャー:EasyMode

―制作者:Taka, Simon.Simon

 

―値段:5.99$ (620円:2020.12.29現在) 

・簡単なゲームの説明

 ファン・ゴッホの絵を50枚以上使用した「Sunflower Code」は、一人称視点謎解きホラーです。館の中に現れる影をライトを使いながら進んでいきます。また、ゲームらしい暗号ではなく、現代の暗号の基礎を参考にした暗号が、主人公の進行を妨げます。ファンゴッホの孤独を体験してみてください。

メアド:maniamovier@gmail.com

 

アップデート報告です。

①実績を実装しました。

※実績:ゲーム内にて、ある条件をクリアすると、Steamからもらえるバッチのようなもの。

 

合計:20個前後あります。

 

 

②敵の増加とトラップの追加

―敵が出現する箇所が増えました。

―トラップが発生する箇所が増えました。

 

③ホラー要素の変更

―Stage上のホラー要素の追加

―マウス感度調整など

 

よろしくお願い致します。

 

さて、今回はどんな事を書こうかなと考えながら書いておりますが、、、

 

挑戦って怖いという話を、恐れながれさせていただきたく存じます。

 

現在、私は色んなことに挑戦させていただいております。

 

―ゲーム

―小説

―映像

―もう一個

 

いわゆる「物作り」みたいなものをやっています。

 

僕はまだまだ素人で、先輩の本などで勉強しながら、四苦八苦まねごとをしているのです。その中で、自分の作品みたいなオリジナルを作っています。

 

その作品を周りの人間に見てもらいます。

 

返ってくる言葉は

「これはダメ」

「もっと勉強して」

「基礎からやりなおし」

です。

 

―むずかしいなぁ

 

もちろん、自分でも完璧なものができた!なんてまだまだ思うことはありません。

 

だけど、ちょっと優しくしてぇーww

 

 

 

そんなこんなで、今日も一日、挑戦しているのですが、

 

助けてくれる仲間もいるのです。

 

「面白いことをしているね。俺にもやらせてよ」

 

なんて優しい人もいるのです。 (知り合いです)

 

―もういっこ、の新しいことを始めようとしているのですが、

 

2人も出てきました。

 

協力してほしいところを明確にして、2人にだけ頼みました。

 

これからはじまります。

 

2人はものすごい能力を持っている方で、僕なんかのためにその能力を貸してくれるというのです。

 

「ありがとう!!!」ww

 

さあ、僕が言い出した企画。

その企画に2人も力を貸してくれる……

「…失敗できない…」

 

もちろん、僕はたくさん努力して、その結果を出そうと頑張ります。2人のために。

 

失敗したら、2人の時間を取っちゃうことになります。

挑戦って怖い……

 

とにかく頑張ります!!!

 

 

余談ですが、

2人は僕のやりたいことに協力してくれるには、物語があります。

 

Aさんは、もともと一人でやりたいことに挑戦していました。

しかし、日々の忙しさのせいで、挑戦する機械がどんどんと減っていくことになります。

だけども、いつかは戻りたいとか、違う形で挑戦したい、そんな風に考えていたそうです。

でも、なかなか飛び込んでいける世界ではない。

そんなとき、僕の話を聞いたそうです。

「僕のやりたいこと」と「彼のやりたいこと」がマッチする話でした。

(僕はもともと、下地を固めて彼にお願いする予定でしたww)言い訳ww

そこで、彼の方から「俺に手伝わせてよ。水臭いじゃないか!」と言ってくれました。

彼が手伝ってくれると、クオリティがグッと上がります。

私は彼のためにも、成功させたい!

 

Bさんは、もともと全く別の畑で仕事をしています。

ですが、彼は本当に腕がいいので、仕事に自由な時間を追われることがありませんでした。

そんな彼が協力してくれるようになったのは、

彼が私の相談をずっと聞いていてくれたからです。

彼は本当に聞き上手で、全てを肯定してくれます。

(僕のやりたいことに、まっすぐと聞いてくれる唯一の人です)

そんな彼が、「俺も手伝いたいな」と言ってくれたのです。

自分の仕事の時間はあるけど、何か手伝うと言ってくれて、協力してくれるようになりました。

 ある日、彼は別の仕事を始めなければならないが突然できました

彼は「大丈夫だよ」なんて笑顔で言っていましたが、本当でしょうか。なんて考えてしまいます。

彼は一人で無理するタイプで、今回もそうでした。

そんな中でも「手伝うよ」と言ってくれた人なんです。

僕に出来ることは何でしょうか。

彼は「一人で大丈夫」なんていいいますが、勝手ではありますが、

僕はあなたのためにも仕事を作ります!

必ず成功させます!

そう思わせる人なんです。

 

そんな二人と、明日ミーティングです。

楽しみです。

 

※仲間は増やす予定です。

 まだ声をかけていないだけです。

 人が増えると、物語が増えて、成功したときなんかは、みんなで乾杯できます。

 

さあ、やってやろう!

 

以上

 

岡目鉢木 / Simon.Simonでした!!!