思った通りに生きる

岡目鉢木 / SimonSimonです。

現在Steam にて、ゲームを販売しております。

「SunflowerCode」

 

https://store.steampowered.com/app/1441340/Sunflower_Code/

 

「Sunflower Code」

―開発元:EasyMode

―パブリッシャー:EasyMode

―制作者:Taka, Simon.Simon

 

―値段:5.99$ (620円:2020.12.29現在) 

・簡単なゲームの説明

 ファン・ゴッホの絵を50枚以上使用した「Sunflower Code」は、一人称視点謎解きホラーです。館の中に現れる影をライトを使いながら進んでいきます。また、ゲームらしい暗号ではなく、現代の暗号の基礎を参考にした暗号が、主人公の進行を妨げます。ファンゴッホの孤独を体験してみてください。

メアド:maniamovier@gmail.com

 

アップデート報告です。

①実績を実装しました。

※実績:ゲーム内にて、ある条件をクリアすると、Steamからもらえるバッチのようなもの。

 

合計:20個前後あります。

 

 

②敵の増加とトラップの追加

―敵が出現する箇所が増えました。

―トラップが発生する箇所が増えました。

 

アップデート予告

 

③ホラー要素の変更

―Stage上のホラー要素の追加

―マウス感度調整など

 

よろしくお願い致します。

 

 

今回は、ある本の紹介をしたいと思います。

※当ブログにて、現在収益は発生していません。

 

「世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論」

永崎裕麻 (著)

 

 

※ちょー簡単に内容を書きます。

世界一幸福な国と調べれば、「ブータン」と出てきます。

ですが、

何年か前、一位になった国です。

 

その理由は、「ケレケレ」です。

 

一体何のことを言っているのかというと、

「ケレケレ」というのは、フィジー語で「お願い」とか「ちょうだい」という意味だそうです。

 

そして、この言葉はフィジーの文化や民族性を一言で表しています。

 

フィジーという国の人々は、この本によれば、「テキトー (適当) 」だそうです。

 

日本のような常識やルールはなくて、遅刻はするし、仕事は真面目にしないし (日本視点からすればですが…) 計画はしないし、対策もしません。

 

そこがいいんです!W

 

フィジーの文化では、「誰かが困っていれば、自分が困ることになっても助ける」という価値観を持っているそうです。

 

だから、お金を持たずに街へ出ても、誰かが貸してくれるし、逆に自分がお金を持っていたら、たくさんの人に「ケレケレ」精神で「かしてくれ!」と言われます。

 

また、フィジー人はよく笑います。

悲劇は喜劇。失敗は話のネタ。

全ては、笑いで受け入れられるようです。

 

本当にそのフィジーの良さを存分に伝えてくれる本です。

面白いですよ!

 

 

私もフィジーに住みたいですw

 

この本を読んで、私が感じたことは、価値観に忠実に生きているんだなぁと言うことなんです。

 

先生に教えてもらった価値観の科学の視点では、

 

「彼ら (フィジーの人々) は、色々なこと完璧ではありません。

 時間を守ることもしないし、期限を守ることもしないし、完璧でないです。

 だけど、それとバランスを取るように、人を助けるという事には、誰よりも真面目です」

 

この国では、孤独死というものは、ほとんどないそうです。

 

そして、老人ホーム (フィジーでは、『ゴールデンエイジ』というそうです) では、フィジーの人はいないそうです。

フィジーに住むインドの方ばかりだそうです。

「どうしてですか?」と著者さんは尋ねたそうです。

 

すると、

「フィジーは、みんなが介護人だからね。老人ホームに入らなくても誰かが助けてくれる」と答えてくれたそうです。

 

 

フィジーのことを、こういう言い方も出来るのかもしれません。

 

他人の幸せを祈っていると、自分も同じだけ幸せになれる

 

フィジーのお医者さんで、今でも、毎日、日本の東日本大震災のことを思って祈っている方がいるそうです。

 

ニュースで当時のすさまじさを見たことがあるそうです。

 

「どうして、他の国のことを思って祈るのですか?日本では忘れている方もいるのに」

そのようなことを伝えると、

「どうして忘れることができるの?」

と笑顔でこたえたそうです。

 

フィジーは経済的には貧しい国です。

平均月収3万円くらいだそうです。

だけど、どこの国よりも

「俺は、私は、今日も幸せだぜ!」

と答える人が多いそうです。

 

私はいつかフィジーという文化や人々に会いにいきたいと感じました。

 

その時はまたお伝えしたいと思っています。

 

日本と比べて、フィジーをどうお感じになるでしょうか。

 

このブログが誰かの役に立つことを祈っています。

 

 

岡目鉢木 / Simon.Simonでした。